Ultegra BL-R780…というフラットバー用ブレーキレバーの絶滅危惧種を保護してみた

フラットバーロード用にシマノの「BL-R780」というブレーキレバーを入手しました。もはやディスコンのUltegra 6800シリーズに属する製品です。現在でもamazonで売られていますが、そう遠くない将来にひっそりと姿を消すに違いないと思ったので1セット保護しておきました。ちなみにシフターはWレバーを使うので、ブレーキレバーだけでいいのです。

Shimano BL-R780

関連 SHIMANO ULTEGRA BR-6800はクロモリに似合う最後のシマノ製ハイエンド・キャリパーブレーキだった ←これも完全に姿を消しました

現在シマノのロード用コンポで最も高級なフラットバー用ブレーキレバーはTiagraグレードのBL-4700です。R9100 Dura-Ace, R8000 Ultegra, R7000 105にはもはやフラットバー用のブレーキレバーはラインナップされていません。Wレバー同様、今後も再登場することはまずないでしょう。

というわけでこのBL-R780は「現時点で新品で入手可能なシマノのフラットバー(ロード)用ブレーキレバーの中でいちばん高級なやつ」であると思われます。

Vブレーキにも対応

このレバー、なかなか秀逸です。下の写真に「V」や「C・R」と刻印された薄いグレーのプラスチックパーツが見えると思います。「V」はVブレーキの意味で、「C・R」はキャリパー・カンチまたはロード用メカニカルブレーキの意味です。「V」か「C・R」のどちらかのモードを選択することで両方のシステムに対応できます。二択です。私はディスクブレーキで使います。

Shimano BL-R780

工場出荷状態では「C・R」でしたが、モードを切り替えたい場合はまずレバー裏にある小さいプラスネジを外して、プラスチックパーツを取り出します。このパーツは飾りではないので絶対になくさないようにしましょう。

Shimano BL-R780

プラスチックパーツが取れたら、ケーブル掛けの位置をこんなふうに移動させます。Vブレーキで使いたい場合は下の位置になります(左にも穴があったり、何をどこにどうしたら良いのかちょっと悩みましたw)。

Shimano BL-R780

ケーブル掛けを「V」の刻印の位置に動かしたら、先程外したプラスチックパーツを元の位置に戻して、裏側のネジを締めます。これで完了。クロスバイクや古いMTBでも使えますね!

Shimano BL-R780

引き量調整・リーチアジャストもあり

アウターケーブル受けにアジャストバレルがあるので、ワイヤーの引き量の調整もできます。バレルを緩めてアウターを収縮させればインナーがピンと張ります。さらに2mmの六角ネジでリーチアジャストもできるので手が小さい方でも自分向きに調整できます。至れり尽くせりの全機能搭載ブレーキレバーなのであります。

Shimano BL-R780

ちなみにインナーケーブルはタイコの大きいMTBタイプを使用します(左右ペアはケーブルセットが付属します)。

色気はないが剛性は高い

レバーは2.5フィンガータイプ。レバー部もボディもかなりガッシリした造りで剛性感が際立っています。これでメカニカル・油圧ハイブリッドのディスクブレーキTRP HY/RDを引いていますが、レバーがたわまない分、以前にも増して少ない力でブレーキを掛け続けられるようになりました。ガツンと効きます。質実剛健という感じです。

性能的には絶大な安心感があって気に入っています。質感も非常に良いです。が、外観に色気は全く感じませんw Ultegraのロゴもなく、地味な「SHIMANO」ロゴが一見すると安っぽくも見えます。本体は真っ黒というよりも少し青みがかった不思議な黒です。モード切り替えのプラスチックパーツが露出していたりして、見た目は洗練されているとは言い難い。

Paul Componentsのアルミ削り出しブレーキレバーならインスタにアップされた瞬間に100いいねくらい付きそうですが、このBL-R780はガン無視されても仕方ない感じです。たぶん一般的には「ダサい」の一言で片付けられそうなデザインかもしれません。

でもちょっと昭和(平成?)を感じさせるこの地味なルックンフィール、こういうものはこういうもので、なんかいい感じだな、と最近は思うようになりました。

それにしてもフラットバーロード用のハイエンドパーツの選択肢が現状ではほとんどないのが少し残念です。10スピードの4700 Tiagraには色々あるのですが、105から上の11スピードコンポには用意されていません。需要が少ないから仕方がないのでしょうか。

このBL-R780は6800 Ultegra所属ですが、他に「BL-R550」という5800系105所属のブレーキレバーもまだ流通しています。ただしそちらはVブレーキ非対応。

と、ここまで書いて気付いたのですが、BL-R780は現行のTiagra BL-4700とスペック的には同じで、外観もほぼ同じと言って良いほどに似ています。もしかしすると中身は同じ製品だったりして!?

シマノ  TIAGRA BL-4700 ブレーキレバー 左右セット EBL4700PA
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 26,946
この記事を書いた人