コロナウイルスをめぐる海外自転車ミーム界の反応

コロナウイルス関連の自転車ミームが海外で少しづつ増えてきました。勿論コメント欄には「こんなの笑えないだろ、不謹慎だ!」という意見もあるのですが、しかめっ面で頭を抱えていれば状況が良くなるわけでもなく、こういう時でもユーモアを忘れないことは大事でしょう。

なんかね、ウジウジしているよりゲラゲラ笑ったほうが免疫力は向上するらしいですよ!!

というわけで、目立ったものをいくつか紹介してみます。石鹸手洗いにマスク、やることやった上で読んで楽しみましょう。

ジロ・デ・イタリアのリーダージャージ

まずはこの投稿ですが、ジロ・デ・イタリアの延期が発表されるだいぶ前、イタリアでの感染が大きく拡大する前に出ていたものです。2020年のリーダージャージは防護服。もし無事にジロが開催されて表彰台でこれが笑い話になったらどんなに良いことでしょう。宇宙飛行士みたいでなんかカッコいいじゃないですか。

寄せられたコメントから:

この投稿には笑ったが面白くはない

ロマン・バルデの憂鬱

下は物憂げな表情のロマン・バルデ。キャプションには「2020年の残りのシーズンを眺める時の様子」とあります。自転車選手たちも今年はホントどうするんだろうという感じですよね。先行きが全く読めません。

観客は見るだけですが、アスリートは大会というピークに合わせてコンディションを調整します。数ヶ月延期、半年延期、1年延期… 全部やり直しですよ。大変ですよ。素人だってわかりますよ。

寄せられたコメントから:

本当に憂鬱そうだ…

グラベルよりも勢いがある?

下は2020年のコロナウイルスは2019年のグラベル・ムーブメントよりも急速に拡大した、という内容です。

寄せられたコメントから:

ウイルスにディスクブレーキが付くまで待とう!

アバターが感染!?

次は少し知的に高度な投稿です。「アバターが2人コロナウイルスに感染したためZwiftでのレースが無期限延期になった」という内容。

バーチャル世界でウイルス感染するわけがないですが、リアル世界でのサイクルロードレースが次々と中止・延期される中、Zwiftでのプロロードレースがこれからどんどん増えてくるとも囁かれていて、それに対する冗談ネタ、というわけです。

寄せられたコメントから:

なんで? アンチウィルスソフトをインストールするだけでいいだろ

俺たち「肘」がデフォだから。

次もなかなかおもしろい投稿。スプリンターは肘で挨拶することに慣れているのでコロナウイルスに感染する確率が30%ほど低いという研究結果が出た、という内容です。いまヨーロッパでは肘で挨拶するのが流行しています。日本でも安倍首相と小池都知事が「げんこつ」で挨拶していたのが話題になりました。ちなみに頭をぶつけて挨拶するとレース失格になりますwww

ヨーロッパは、国にもよりますが挨拶の時に軽く抱き合って頬にキスをする(あるいはキスをする感じで頬を近付ける)習慣があります。そのキスの回数も国によって違うのですが、イタリアは特に挨拶時の身体的接触が多いらしく、現在の感染者数の多さに繋がっているという話もあります。

日本では握手さえ稀なので、西欧人が現在、日々のコミュニケーションで直面しているもどかしさを理解するのは難しいと思います。久しぶりに会った友達で抱き合わないというのは不自然なことなのです。日常生活がかなりギクシャクしているのではないでしょうか。

スマートトレーナーの「転売ヤー」が登場!?

最後のネタは強烈です。Wahoo KICKRを買い占めて転売して1台1万5000ドル(160万円くらい)で売ろうとしている奴、という内容。考えてみれば自宅での隔離を余儀なくされているサイクリストにとって、これはないと困るものかもしれません。こんな人出てきませんようにwww

寄せられたコメントから:

俺のTacx Neo、1時間50ポンド(約6500円)で貸そうかな?

というか、私は花粉症でここ最近の花粉飛散量がものすごいのですが未だにマスクを買えていません。ウイルス対策ではなく花粉症対策のためにマスクが欲しいのですが、いつ手に入るのでしょうか。今日も立ち寄った薬局では、次回のマスク入荷は2日後の午前2時という張り紙がありました。もうマスクを探し回るのに疲れた…

マスクを洗濯して使い、間に合わない時はナルーマスクで凌いでいます。

買い占めなんか絶対にしないので、1週間に1回だけ、5枚入りのマスクを買わせてください。今年の花粉は去年より少ないとニュースでは言っていますが、体感的には去年よりずっと多いです。花粉症のクスリも3種類飲んでいますが、それでも全然効きません。

まぁ、でも医療関係者や高齢の方に行き渡っているのであれば問題ないです(転売ヤーは許さねーけどなw。俺にもマスク寄越せwww)。

読者の皆様も体調にお気をつけ下さい。

こんにちは、自転車レビューサイトCBNのウェブマスターです。スマートトレーナーに興味がある。話題のZwiftでインドア・サイクリング...
この記事を書いた人