自転車ウェア10%OFFセール開催中!
バッグ

Apiduraからウルトラディスタンス用に開発されたレーシング・ロング・トップチューブバッグが登場

Apiduraからウルトラディスタンス・レースやオダックスに参加するサイクリスト向けに新しい「レーシング・ロング・トップチューブバッグ」が登場しました。2019年のトランスコンチネンタル・レース(距離約4,000km)で優勝したフィオナ・コルビンガー選手からのリクエストで開発されたものだそうです。

公式 Racing Long Top Tube Pack (2L) | Apidura
参考 Apidura Racing stretches out Long Top Tube Pack to haul more on smaller bikes

小さいフレームのデッドスペースを活用

トップチューブの「上」で使うことが想定されています(見たところ前後を逆にしてトップチューブ下で使うこともできそうですが、公式サイトでは言及なし)。小さいフレームの場合、トライアングル内に入らなかったりボトルケージと相互排他になったりして、こうしたバッグの使用を諦めていた方も多いと思いますが、このバッグならスタンドオーバーハイトさえ余裕があれば使えそうです。

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L)

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L) © Apidura

ウルトラディスタンス・レースはツール・ド・フランスの初期に最も近いと言われる過酷なレース。給水用のボトルを犠牲にするわけにはいかないでしょう。デバイスやライトへの給電用バッテリー、補給食もたっぷりすぐ手に届く場所に入れておけます。

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L)

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L) © Apidura

当然本体もジッパーも防水使用。しかもジッパーは前後どちらからでも開ける仕様。浸水しにくいデザインのケーブルポート、中仕切り、リフレクターあり。またこの手のバッグでいちばん気になるのは膝や腿と干渉しないかどうかですが、そこはやはりレース前提だけあってスリムな作りになっているそうです。

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L)

RACING LONG TOP TUBE PACK (2L) © Apidura

サイズは全長44cm、幅4.5cm。高さはステム側が10cm、フレーム側で約4.5cm。重量210g、容量2L。内側はフォーム素材で荷物を保護。

耐久レースに限らず、スローピングがきつい小さいサイズのフレームを使われている方にも重宝がられるバッグではないでしょうか。

Apiduraサイトでの直販価格は10,600円。日本からもクレジッドカードで注文可能で、送料はFedEx 3-4 Day Expressの超高速便で¥1,750。計¥12,350となっています。

最後におすすめ記事のご紹介。こういうバッグ、みんな何使ってるんだろう!? こちらも是非お読みください。

【ツイート紹介】「どんな自転車バッグ使ってますか?」に寄せられた壮観そして壮絶な写真を愛でましょう
Twitterで「みなさんはどんなタイプのバッグをどんな時に使っていますか。また特定の製品でオススメなどありましたら是非教えて下さい!」とお聞きしたところ、本当にたくさんの方々から使用されているバッグのタイプやブランド、モデルを教えていただ...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました