Amazon 63時間タイムセール開催中!
よみもの

自転車人はコロナワクチンを打つか? 接種意向アンケート結果と実際に打ってきた私の副反応について

新型コロナウィルスのワクチンを打ってきました。この記事では筆者が自転車人としてワクチンを打つことに決めた極めて個人的な理由と、実際に打った後の副反応の記録、読者の皆様にご回答いただいた「打つかどうか」の接種意向アンケートの結果をお伝えします。

ワクチンを打つことに決めた理由

ワクチンを打つ理由は、私の場合は自明でした。守るべき家族がいることと、喘息の基礎疾患があるので発症時に重症化リスクがあること。そして自転車人としては、旅先の人々に迷惑をかけることなく輪行や旅行を存分に楽しみたいからです。さらに、いずれまた海外に行けるようになった時に恩恵が多いからというのもあります。

ワクチンを打ったからといって感染を100%防げるわけではありませんが、入院や重症化のリスクを下げられるのなら家族や医療機関への負担を軽減できるはず。また無症状感染者になるリスクも下げられるのなら、自分が図らずもスーパースプレッダーになってしまって旅先のコミュニティに影響を与えるというリスクを減らせます。

伊豆大島・筆島

他人と自分、両方の健康を守れる自転車旅行を楽しみたい(写真は伊豆大島・筆者撮影)

というわけで、私の場合は「ワクチンを打たない理由はないな」と思っていました。

しかし不安はありました。というのも予約日が近くなってきた頃、よく見ているYouTuberの「PDRさん」がアップしたワクチン接種体験動画を見たからです。PDRさんはモデルナのワクチンを接種されたそうですが、38.5〜39.1度の熱が数日にわたって出たそうです(珍しいケースではあるようです)。

これを見て「ええっ副反応ってそんなにヤバいの? ニュースなんかではこんな話ほとんど聞いたことないぞ…」と驚きました。しかし「打たない」という選択肢はやはりなかったので(※あくまで私の場合です)解熱剤と大量の水を用意し、スケジュールも調整してワクチン接種に臨みました。

上の動画のPDRさんですが、この後また体調が悪くなってしまったらしく7月12日以降動画もTwitterも更新されていないので心配。早くご回復されますように!

ワクチン接種会場での流れ

実際にワクチン接種を受けた日(1回目)の流れについて書きます。接種会場では以下の5つのステップがありました(会場によって異なる可能性があります)。

  1. 受付で必要書類の確認をする
  2. 医師による予診
  3. 注射
  4. その場で15分間待機
  5. 最後に予防接種証(臨時)を発行してもらう

という流れです。

医師による予診では「花粉症がある人は注射した箇所が腫れて痛みやすいので覚悟しておいて下さい、あと風邪のような症状が強く出る場合があるので、その場合は水(アルコール以外)を多めに採ると楽になりますよ」と親切丁寧なアドバイスをいただきました。こうした情報は事前には得られなかったので有り難かったです。

注射自体は一瞬で終わりました。2分に1人くらいのペースでかなり効率的に進められていた感じです。リスクを冒しながらも丁寧に接して下さった現場の医療従事者の方々には感謝しかありません。

2回目の接種も流れ自体は同じで、1回目よりもスムーズでした。

副反応の記録(接種1回目)

筆者はファイザー社のワクチン(COMIRNATY・コミナティ筋注)を接種しました。副反応ですが、注射自体の痛みはほとんど感じませんでした。ただ打ってから約2時間後に左腕が重く、だるい感じがしてきました。

約6時間後から微熱があるような「だるさ」が全身に発生。注射を受けた左腕は軽く打撲したような感じ。低気圧の時のような眠気に襲われます。しかし体温を測っても平熱。体感的には37.5度くらいありそうなのに、測ってみると熱はない、という状態です。一言で言うと「倦怠感」。

翌朝(2日目)。起床すると、頭重感が悪化しています。普通に風邪をひいた時の感じに似ています。しかし発熱はないので不思議。フラフラするので解熱剤(ロキソプロフェン)を飲んだところ、午後から少し楽になりました。深夜になったらかなり普通に戻ってきた感じ。しかし注意力は落ちていたのか、この日のブログには誤字が目立ちました(いつもだろ、とか言わないでw)。

3日目。起床直後は気分が良くほぼ全快したかと思ったものの、動き出すと目眩がします。夕方から微熱のような感覚が再発(しかし体温計で測ると平熱)。食欲はあるものの微妙な吐き気もするという謎症状。これまで経験したどの病気にも似ていない感じのモヤモヤした症状で、これがいつまで続くのかと思うと絶望的かつ憂鬱な気分になってきました。仕事は全く手に着かず。

4日目。「これはもう回復しただろう」という感じで起床。しかし動き出して活動すると、軽い目眩のような感覚がまだ残っています。発熱は相変わらずなし。夕方から調子が良くなりはじめる。

5日目。頭が重い感じは残っているものの、ほぼ全快を確信。ワクチン接種後はじめて自転車に乗ろうという気持ちになり、近所のポタリングに出かけられました(約20km)。しかしこの日はじめて左上腕から首にかけて筋肉痛症状を自覚(この日に出た症状なのか、この日まで倦怠感にマスクされていたのかは不明)。

当時のメモを読みながらこうして振り返ってみると、私の場合は3日目がいちばんキツかったです。発熱しなかったならラッキーじゃないか、と思われるかもしれませんが、むしろドカンと39度や40度の高熱が出て1〜2日寝込んで終わってくれたほうが余程マシです。弱火でコトコト煮込まれているような「よくわからない倦怠感」と「いつ終わるんだろう」という不安感が長く続きました。

正直、2回目を想像すると今から憂鬱です。

1回目より2回目のほうが副反応は強いという情報を多く目にします。またファイザーよりもモデルナのほうが副反応はキツいという声も…

副反応の記録(接種2回目)

初回から3週間後にファイザー2回目の接種が終わったので、副反応について書いてみます。

接種後、15分待機の後半に早くも腕のしびれを感じはじめました。1回目の時よりも身体が反応している模様。30分後には手首あたりまで痺れが強くなりました。

6時間経過。眠気があり、やたらと腹が減ります。頭が熱を持っているように感じる。しかし熱はなし。

翌朝(2日目)。はっきりと頭が痛い!37.5度くらいありそう…と思ったものの、またしても平熱。意味がわかりません。肩はかなり痛みがあり、90度まで上げると結構辛いです。これは上がらなくなる人がいてもおかしくないと思いました。ハチに刺されて腫れたような痛みです。

しかし良い点は、1回目に感じた「なんだかよくわからないモヤモヤした感じ」や倦怠感はなく、単に頭が痛いだけです。

午後は平熱より+0.5度ほどの微熱がずっと続きました。夜には頭痛が落ち着いてきました。倦怠感はないので1回目よりもずっとラクです。

3日目。起床後にまた頭痛。平熱。夕方には全快。以後数日が経ちましたが身体は元通りです。

私の場合、2回目は「わかりやすい副反応が短期間続いた」という感じでした。1回目のほうが辛かった!

読者アンケートの結果

最後に読者の皆様にお聞きしたアンケート結果をご紹介します(2021年7月18〜19日実施)。質問は「自転車人の皆様に質問です。新型コロナウィルスのワクチンは打ちますか?」というものでした。

940名の方々にご参加いただき、「もう打った」と回答された方は35.7%。「打つ予定」の方は52.4%。「打たない」と決めている方は4.9%。「打つかどうか悩んでいる」という方は6.9%という結果になりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ご回答いただいた方々は恐らく60歳以下が大多数を占めると思うので、7月19日時点での高齢者以外での接種率は多いとは言えないようですね。

ワクチン接種は義務ではなく、任意です。「打たない理由」や「打てない事情」がある方がいるのもよくわかります。今後身体にどのような影響が出るかわからないというリスクもありますし、基礎疾患によっては打てない方もいます。数日間高熱を出して寝込むわけにはいかない方は、いつ打ったら良いか決められないという問題もあると思います。

ワクチンのデメリットについて国が正確な情報を出しているようには見えないので、悩むのは自然なことだと思います

もし打つことに決めた方は、接種後2〜3日は仕事を休めるように調整しておいたほうが良いと思います。事前に厚生労働省のサイトでワクチンの仕組みや副反応について予習しておきましょう。

私の場合、1回目の接種後3日間は自転車に乗れるような体調ではありませんでした。「身体が動かない」というより「憂鬱で動けない」感じです。これはオリンピックに出るようなアスリートの方には絶対酷だ、と思いました。若くて身体能力が高いからといって副反応が少なくて済むわけでもないようですし。

「痛い・苦しい」というより、ただただ「不快」。この埋め合わせに秋は思いっきり輪行してやる!! お、覚えてろよ!!

ワクチンを打たれた方、他の方の参考になると思うので、宜しければ是非Twitterなどで情報共有していただけると幸いです。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました