Audibleがプライム会員限定・3か月間無料(7/25まで)
よみもの

Muc-OffからAirTagホルダー2種が登場:チューブレスバルブタイプはまずバレないタイプ

Muc-OffがAirTagホルダー2製品を発表しています。片方はチューブレスバルブのリム側にAirTagを装着するタイプで、もう片方はボトルケージと共締めするタイプです。

Stealth Tubeless Tag Holder

© Muc-Off

公式 Stealth Tubeless Tag Holder
公式 Secure Tag Holder

Stealth Tubeless Tag Holder

チューブレスバルブタイプは「Stealth(ステルス)Tubeless Tag Holder」という製品。AirTagは3つの部分からなるシリコンとラバーの中に格納され、衝撃や負荷が発生すると犠牲ホルダーステム(sacrificial holder stem)が収縮することでAirTagとリムを保護する仕組みになっています。

サイドにエア孔があるので空気入れやシーラントの補充も問題ないようです。

上のInstagramでのユーザー質問への回答によると、使用にあたってはいくつか制限があるようです。

  • 使用可能なタイヤ幅は38mm以上
  • 重量は単体で7.5g、AirTag装着時で18.7g
  • タイヤインサートとの併用不可
  • (フロント25psi・リア27psiで運用しているが、どちらに付けるべきかという質問に対して)リアで使うべきである

価格は$19.99。なお製品はAirTagマウント部のみで、チューブレスバルブ自体は含まれません。同社製のチューブレスバルブと組み合わせて使用します。AirTag本体も当然別売りです。タイヤ幅を考えるとMTBまたはグラベルロード向きですね。

Secure Tag Holder

他にもボトルケージマウントに設置する「Secure Tag Holder」も発表されています。こちらはアノダイズド・アルミ製で12のカラーから選べます。AirTagはT25ボルトで内部にサンドイッチする仕組み。

Secure Tag Holder

© Muc-Off

Secure Tag Holder

© Muc-Off

Secure Tag Holderは単体で11g、AirTag装着時に33.6gとなり、価格は$44.99となっています。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました