Audibleがプライム会員限定・3か月間無料(7/25まで)
ベル製品レビュー

上ハンドルにベルを付ける場所がなくなったのでフォークコラムに付けてみた(扇工業 OH-1800)

スポーツサイクルのハンドルバー、それはサイコン・ライト・ベル等でひしめく一等地。先日ここに便利なバッグ(ADEPT BARDRUM DLX)を設置したところ、愛用していたKnog Oiというベル、あとはライトを付けるスペースがなくなってしまいました。

ADEPT BARDRUM DLX:アクセス・容量・拡張性が好印象のドラム型フロントバッグ
ADEPT(アデプト)のフロントバッグ「バードラム DLX」をしばらく使っているので、使用感をご紹介します。ハンドルバーに取り付けるドラム形状のバッグで、3気室・600Dナイロン・止水ジッパー・容量4Lというスペックの製品です。幅25cm・...

ライトはフォークマウントに移動させました。でもベルはどこに付けようか…

扇工業 OH-1800を導入

バーエンドベル、という選択肢もあるのですが、今回目を付けたのはステム下、スペーサーを入れたフォークコラムの部分。3cmほど空いているので、ここにベルを付けてみよう!というわけで「扇工業 SOUND RUNNER フリーバンドマッチベル OH-1800」という製品をゲット(以下、OH-1800)。狙い通り、良い感じに収まりました。

扇工業 SOUND RUNNER フリーバンドマッチベル OH-1800

恐らく「扇工業」が会社名で「SOUND RUNNER」がブランド名で「フリーバンド・マッチベル」が製品名で「OH-1800」が型番だと思います

購入時はバンドの内側に透明な滑り止めパーツが付いているのですが、それを外してはじめてコラムスペーサー外側に付けられました(ちょうど良い長さ)。ネジ止めします。バンドはゴムではなくプラスティック系。本来は22.2〜31.8mmまでのハンドルバーへの設置が想定されています。

扇工業 SOUND RUNNER フリーバンドマッチベル OH-1800

ベルの打ち子は360度回転します(CAT EYEのベルと同様)。写真では水平にセットしていますが、膝に当たりそうな人は真上にしておくこともできます。

ちなみにベル本体はブラケットから外せるようになっていて、これは何故かCAT EYEのテールライトと互換性がありました(TIGHT / OMNI 3 AUTOがそのまま入る。逆にCAT EYEのテールライト用ブラケットにOH-1800を装着することもできました。やや何得情報ですが…)。

CAT EYEの真鍮製ベルとの比較

ところでこのようにステム下に設置できるベルとしては、キャットアイの真鍮製ベル(OH-2400)のほうが有名です(というか、キャットアイのベルで型番「OH-」ではじまるものは扇工業のOEM品ではないかと思います)。

私も持っているので最初はこれを使おうと考えたのですが、他の自転車用にベルトが短く切られていました。そのため、せっかくなら別のものを、と今回は扇工業の製品を試してみたわけです。

OH-1800とキャットアイのベルを並べてみると、こんな感じです。ワン(共鳴体)の大きさは、倍は違います。当然ながらOH-1800のほうが音量は大きいです。

扇工業 SOUND RUNNER フリーバンドマッチベル OH-1800とキャットアイのベル

しかしキャットアイのベルと音色はどちらが良いかというと、これは好み。キャットアイのベルは真鍮製で、より澄んだ、少しだけ優しい高音です。でも小さいので音量負けします。扇工業のOH-1800は、音程はやや低く、音量は大きい。私が購入したブラックは、素材がアルミとされています。そのせいか、音色は少し硬質に感じます。

気持ちの良い音ならキャットアイ、注意喚起力・聞こえの良さならOH-1800のアルミ版の勝ち。

しかしOH-1800には、真鍮製もラインナップされているのです(ゴールドとプラチナカラーのみ)。その他のカラーはアルミ製。真鍮製の方が100円ほど高い。私は真鍮のほうが音色的には好みなのですが、今回は自転車上で目立たせたくなかったのでアルミのブラックを買ったのでした。

ステム下に巻けるタイプで、キャットアイのベル(OH-2400)より大きい音のベルが欲しい方は検討してみてはどうでしょうか。逆に音量はどうでも良いのでとにかく小型が良い、という方ならOH-2400が良いでしょう。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました