【開催中】Amazon Black Friday ビッグセール
バッグ

Ortlieb Handlebar-Pack QRの後継モデル「Handlebar-Pack Plus」がそろそろ登場予定?

新製品ミニ情報です。下は独・オルトリーブの「Handlebar-Pack QR」という現行製品。初回使用時に調整が必要ですが、慣れると2回目からはロープでそこそこ手早くハンドルバーへの脱着ができるとされている、やや大きめのフロントバッグです。しかし、この製品には後継モデルが出ることが明らかになっています。

▼ Handlebar-Pack QRについては2021年9月に下の記事で紹介しています

オルトリーブの新作バッグ「HANDLEBAR-PACK QR」を観察する
独オルトリーブが今年の6月に新作ハンドルバーバッグ「HANDLEBAR-PACK QR」をリリースしました。現時点で国内では少数しか出回っていないようですが、従来のオルトリーブ製品とは違う独特なマウント方式を採用しています。 ...

マウントが別体式に ショルダーストラップも付属

今年の6月、bikepacking.comにて「Handlebar-Pack Plusという後継製品が出る」という記事を目にしていました。オルトリーブ公式サイトで確認できるようになってから当サイトでも紹介しようと思っていたのですが、なかなか登場しません。

Handlebar-Pack QRとHandlebar-Pack Plusとの主な違いは、まずはアタッチメント。現行の「QR」ではハンドル側にアタッチメントが残らない仕様ですが、「Plus」では同じようにヒモでハンドルにマウントを設置するものの(“Ultimate Mount QR”と呼ばれるらしい)、マウントとバッグ本体は別体式で、着脱の手間がより少なくなります。

“Ultimate Mount QR”以外のオルトリーブ製マウントとも互換性があるとのことです。恐らくUltimate 6などのバッグを使われている方も、同じマウントでこのHandlebar-Pack Plusもそのまま使えるように思われます(そうだとしたら買う人も増えると思うので、ある意味自然なアップデートなのかもしれませんね)。

容量は11Lのままで、本体重量や定価などはほぼ変わらないだろうとされています。生地は「Plus」という名称からもわかるように、現行のバイクパッキングシリーズとは違うマットなコーデュラ系になるようです。カラーはダークチリも用意される見込み。また現在は別売りとなっているインナー・アクセサリーポケットが標準で付属。

さらにショルダーストラップも付属するので、肩にかけて歩ける・本体側にあったマウントの突起が身体に当たらないといった点で、輪行が必要となる自転車ツアラーにとっては歓迎すべき仕様変更になりそうです(重量が本当に据え置きになるかは別ですが)。

それにしても、わずか1年半での製品更新です。現行のQRバージョンの売れ行きはあまり芳しくなかったのでしょうか。ハンドルバーバッグに常時アタッチメントを残しておきたくないという方にとってはQRのほうが良いでしょうし、Plusはもしかしたらやや重量増になる可能性もなくはないですが、普通に考えると現行版は流通在庫のみで終了になるかもしれないですね。

▼ ちなみにこちらは最近筆者が愛用しているオルトリーブのアクセサリーパック。個人的にかなり気に入っています。ハマる方はハマると思うので気になったら是非お読みください

ORTLIEB アクセサリーパック:カメラバッグとして優秀な存在であることが俺によって再発見される【小物の取り出しも便利に】
ORTLIEBの「アクセサリーパック」という製品について、以前この記事で紹介しました。その後使い続けるうちに、カメラバッグとして最も便利であると思うようになりました。本記事ではその点について解説しますが、カメラ以外の小物へのアクセス性向上に...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました