裾バンドから自転車が生えてくる可能性も否定できない OSTRICH ズボンクリップ Cという名品について

クロスバイクやMTBルック車などに乗りはじめた頃はみんな一度は買ったことがあるに違いないのに、本格的なロードバイクに乗るようになるとだんだん使わなくなってしまうアイテムがあります。

それは「すそバンド」です。ジーンズやパンツのすそがフロントディレイラーのあたりにひっかかったり、汚れたりしないよう、足首あたりをクルッと巻いて細くする、あいつです。

このあいだ、うっかり普段着のジーンズで40kmほどロードで走ってしまいました。その時、ああ、こういうことがあるんなら裾バンド持ってないとなあ。でもだいぶ前に捨てちまったなあ、と思ったのでした。

そこで久しぶりに買いました。OSTRICHの「ズボンクリップ C」。裾バンドではなく、「ズボンのクリップ」です。ズボンですよズボン。一時期はカッコ悪かったはずのこの響きも、いまとなってはいい味出しているように思えてしまう。

裾バンドから自転車が生えてくる可能性も否定できない OSTRICH ズボンクリップ Cという名品について

なぜこのオーストリッチのズボンクリップを買ったかというと、いろいろ試したなかでこれがいちばん良いものだったという記憶があったから。それで、買いなおしてみたら、やっぱり良いものでした。

裾バンドから自転車が生えてくる可能性も否定できない OSTRICH ズボンクリップ Cという名品について

これはですね、とにかく素材がいいんですよ。ネオプレンっぽいゴムで、手触りがいいだけでなく、巻きやすいし、ヘンなクセもつきにくいのです。白っぽく見えるところは反射材で、かなり光ります。そしてめちゃめちゃ安い。1本570円。

メーカー名は忘れたのですが、以前他社製の裾バンドを使っていて、しばらく棚に放置していたら固くなって妙な折り目がついてゴワゴワして使いにくくなってしまったことがあります。このオーストリッチのものは、そうなることはないと思う。

こんなに良いものを、なんで捨ててしまったんだろう。むかし街中で、ジーンズやパンツの裾をこういうバンドでしめてロードバイクに乗っている人を見ると、なんかカッコ悪いな、と思ったことがあります。

でもそういう価値観って小さいなと最近思うようになりました。ロードバイクもいろいろ。純粋なロードとは話がそれるけど、シングルスピードとかグラベルロードにレーパン・ジャージではない服でまたがって、こういう裾バンドをしている人たちは自由で楽しそうだと思うようになった。

とはいえエアロロードにこいつか似合うかといったら、まあ似合わない。

ということはだ。裾バンドから新しい自転車が生えてくることもあるってことだ。FUJIのシングルスピードとか、サーリーのクロモリツアラーとかだ。みんな、気をつけるんだぞ。

OSTRICH(オーストリッチ) ズボンクリップ C [1本] ブラック
オーストリッチ(OSTRICH) (2011-05-16)
売り上げランキング: 1,099
この記事をお届けした
CBN blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!