Surlyという正直な会社の魅力

先日Surlyのシングルスピード用チェーン引き、Tuggnutを手に入れました(シングルスピードにチェーン引きは必要かという記事でも紹介しました)。

その取扱説明書に書かれていた保証規定がなかなか良い文章だったので紹介します。

Surlyの世界観

保証

物は十分に使いこめば最終的には壊れたり摩耗します。それは私達のコントロールを超えています。

私達はこの製品が製造と設計において瑕疵がないことを保証します。これは通常のライド状況下では壊れないことを保証します。

サーリーはあなたが自転車でやることについて責任は持ちません。このTuggnutが私達の他の製品同様、必要以上に丈夫につくられているからと言って、これが破壊不能であるということにはなりません。

もし壊してしまったなら、物理法則の現実を認めなさい。そうすればたぶん乗り続けるために必要な補修パーツを売ってあげられます。

保証対象になりうるアイテムはすべて元の購入店に、領収書とともに返却されなければなりません。それが無理だということはないはずですが、そんな場合には電話かメールをくれればあなたがまた自転車に乗れるようにするために私達は最善を尽くします。

ENVEの中の人も「世の中に完璧はない」と言っています。

Enve M735EというE-MTB用ホイールがpinkbikeのインプレ中に2回連続で破断し、欧米で物議を醸しています。

完璧なものなんかあるわけないのですが、それをどう伝えるか。ENVEの偉い人の説明には個人的にピンとこないところがあったのですが、Surlyのこの保証規定の文章は、読んでいて気持ち良いものがあります。なにか清々しい。

正直だからでしょうか。

日本だとこういう態度は不遜だ、などというそしりを受けそうですが、サーリーのこのゆるさと真面目さの同居、飾らない正直さはなかなか魅力的なものに思えます。