グラベル輪行の落とし穴 それほとんどMTBです

先日グラベルロードで初輪行しようとした時の話です。せっかくなので新製品、下の記事で紹介したサンワサプライの「ホイール収納ポケット付き初心者向け輪行袋(800-BYBAG002)」を使ってみることにしました。良いものであればこのブログであらためて紹介しようと思ったのです。

サンワサプライが先月に新しい輪行袋を出していたようです。厄介なことに製品名はただの「輪行袋」(笑)。一応「800-BYBAG002」という型...

しかし! 出発前に自宅で収納を試してみたところ、なんとホイールが入らない(笑)。

あー、なるほど、と理由はすぐにわかりました。ホイールは700CのFulcrum Racing 3 DBなのですが、タイヤはSchwalbe G-One Allround 35c。そう、35cのタイヤです。この太さのタイヤが入ることは想定されていないようです。

Schwalbe G-One Allround 35c

サンワサプライのこの輪行袋はかなりタイトフィットに作ってあって、700x25Cタイヤを装着したホイールは入りましたが見た感じ28Cが限界かなと思いました。スリックの32Cはもしかしたらギリギリいけるかもしれませんが、保証できない感じです。空気を抜けば入るだろうけど、そんなこと誰もやらない。

サンワダイレクト 輪行袋 800-BYBAG002

この時ふと思ったのが、グラベルってよく考えたらMTBみたいなもんだもんなぁ、と。ロード・クロスバイク対応を謳っているサンワサプライのこの袋に入らなくて当たり前か、と。

いや、待て。いまあらためてamazonの商品説明ページを見るとこんなことが書いてあります。

自転車を入れて公共交通機関に乗車することができる輪行袋です。クロスバイク、ロードバイク、スルーアクスル方式 ディスクロードマウンテンバイクの輪行に最適です。

いや、ディスクロード自体は問題ないと思うけどマウンテンバイクはどうだろ。MTBもいろいろですが、29erは無理じゃないかな。ついでにレビュー欄を見ると、小さすぎて入らない、と複数のネガティブ評価が。

うちのトップチューブ525mmのロードバイク(ハンドル外外400mm)+700x25Cタイヤ付きのホイールは問題なく収納できたのですが、それでもぴったり目なので、トップ長が530mmやハンドル幅が420mmを超えてくるようなサイズのロードだと入らないかもしれない、と思いました。ホイールベースが長い自転車ならさらに難しいはず。

一応「フレームサイズ540mmまでのロードバイク、クロスバイク、MTBなど」に対応しているとは書かれていますが、サイズ54のロードで入らなかったというレビューが投稿されています。むむむ…使い方が簡単な輪行袋だけにこれはもったいない。

と、話はそれてしまいましたが、グラベルロードというのはデカいものである、ということを思い出し、初輪行の時には練習しておいたほうが良いと思います。一般的な縦置き輪行袋では問題ないですが、それでもタイヤがデカいぶん、少しかさばります。

やはりベストセラー・ロングセラーには理由がある、とあらためて思ったのでした。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [SL-100] ブラック 091281
オーストリッチ(OSTRICH)
売り上げランキング: 21,776