Amazon ブラックフライデーセール開始!
Tips & How-toシフター

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換方法について解説します。本記事ではGXのシフターを扱いますが、基本的な手順はX0をはじめとするハイエンドモデルも同じです。

カバーを外してワイヤー交換

まずシフター・ディレイラーを最小スプロケット(トップ側)にした状態でディレイラーからインナーワイヤーを外し、インナーエンドキャップも取っておきます。この記事ではシフター本体をハンドルバーから外して作業していますが、やり方を理解していれば外さなくても作業できます。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

最初に上の写真のまんなかに見えているボルトをヘックスレンチでゆるめます。GXの場合はM3です。

ボルトをゆるめるとカバーを取り外せます。するとこんなふうにメカが露出! 蚊取り線香みたいなバネが入っていておもしろいですね。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

上の写真では銀色の「タイコ」の部分がちょうど引っ張り出しやすい位置に見えていますが、もしこの位置に来ていなかったら取り出せないのでシフターをカチカチ押して移動させます。

その後はワイヤーを右から左へ押し出しますが、タイコが出口にひっかかってなかなか出ないことがあります。その時は下の写真のように1段戻したり、先の尖ったものでタイコを持ち上げたり、蚊取り線香状のバネをちょっと持ち上げると出てきてくれます。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

頭が出てきれくれました。あとはワイヤーを抜くだけです。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

シマノのインナーが一応使える

交換用のインナーワイヤーは今回シマノ製品を用意しました。SRAMのワイヤーは入手性が良くありません。互換性ですが、厳密にはワイヤーの太さが微妙に違うのですが(SRAM純正のほうが少し細い)シマノのワイヤーでも問題なく使えます。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

シマノ製シフトインナーワイヤーの4つのグレード

シマノのシフトインナーには以下の4つのグレードが用意されています。

  • ポリマーコーティング(DURA-ACE, ULTEGRA, XTR)
  • オプティスリック(XT, 105, Tiagra)
  • ステンレスチール
  • スチール

が、画像は安価なステンレスチールのもの。500〜600円です。シマノのシフト用インナーワイヤーはロード・MTB共通で使えます(ブレーキインナーはそうは行かないので注意)。

シマノ シフトインナーケーブル SUS 2100mm×φ1.2mm Y60098911
シマノ(SHIMANO) (2011-12-08)
売り上げランキング: 626

ワイヤーが出てこない時

今度はワイヤーを通していきます。この時も出口につかえて先端がうまく出てくれないことがありますが、写真のように穴が入っているオレンジ色の部分を出口付近までシフトダウンさせて穴と出口がまっすぐになるポイントを探すとうまくいきます。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

できあがりました。あとはフタを閉じてバイクに取り付け調整して終わりです。

SRAMトリガーシフターのインナーワイヤー交換

SRAMもシマノもMTB用シフターはロード用シフターと違ってフタを外すひと手間がありますが、やってみれば簡単です。

ワイヤー交換にはケーブルカッターが必須

なおインナーケーブル・アウターケーブルともに良いカッターは絶対に必要です。特にアウターケーブルを水平にきれいにカットするためには必須。

私が愛用しているのはSHIMANO TL-CT10というモデルですが、インナーエンドキャップをかしめることもできます。現在はTL-CT12が後継モデルになっているようです。

SHIMANO(シマノ) TL-CT12 ケーブルカッター ライナーニードル付 Y09898010
シマノ(SHIMANO) (2011-12-08)
売り上げランキング: 11,596
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました