ブロンプトンの純正バッグが一新。2020年モデルは全ハンドルタイプ共通の仕様に

ブロンプトンの純正バッグがリニューアルされます。昨年暮れ頃に発表されていましたが、デリバリーは本記事執筆時点ではまだ。春に発売される、とのことなのでそろそろかなとは思います(英国公式サイトでは既にオンライン販売が開始しています)。

Metro L in Black

2020年モデルとして発売されるのは3モデルあるのですが、この「Metro L」は最もスタンダードなモデルで従来の「Mバッグ」と「Sバッグ」の後継になるようです。ハンドル部分が従来のフレームとは違うので、MモデルだろうがSモデルだろうが取り付けられるようになっています。

Metro L in Black - Brompton

Metro L in Black © Brompton

ぱっと見た目、普通のメッセンジャーバッグのようでだいぶスッキリした感じですね。容量は23Lで、従来のSバッグ(20L)とCバッグ(25L)の中間。ラインナップを整理してきた感じです。バックルが外側に来ていて使いやすそうです。私はSバッグユーザーなのでこのサイズアップはちょっと嬉しい。Cバッグが大きすぎると感じていた方にも歓迎されるのではないでしょうか。

なおレインカバーはオレンジになった模様です。

Metro L in Black © Brompton

Borough Basket Bag in Dark Grey

バスケットバッグもリニューアルされました。

 Borough Basket Bag in Dark Grey - Brompton

Borough Basket Bag in Dark Grey © Brompton

ただ私が持っているものと正面デザイン以外あまり変わっていないような…

Brompton Basket Bag

Borough L in Dark Grey

そして個人的に最注目のバッグがこれ、Borough L(ボローL)。28Lの大容量、ツーリング仕様です。むかし存在していた「Tバッグ」の後継モデルです。ロールトップでこちらも勿論全ハンドル対応です。

Borough L in Dark Grey - Brompton

Borough L in Dark Grey © Brompton

これはどこかで見たことがある… と思ったら、「EXPLORE EDITION」付属の「Explore Edition Borough ロールトップ 28Lバッグ」とほぼ同じじゃないですか! 細部は若干違うらしいのですが、ほぼこれ。

Explore Edition Borough ロールトップ 28Lバッグ

色はこのダークグレーのみですが、背面ポケットはこんなふうにボタン式になりました。これは上で紹介した「Metro L」も同じです。確かにここはドリンクの定位置という感じなのでジッパーよりもこのほうが使いやすくなりそうです。

Borough L in Dark Grey - Brompton

Borough L in Dark Grey © Brompton

販売時期と価格

国内での販売時期は先にも書いたように「春頃」だそうです。参考までに英国と日本での販売予定価格を調べてみました。

  • Metro L in Black:£120.00 / ¥26,000(税別)
  • Borough Basket Bag in Dark Grey:£65.00 / ¥20,000(税別)
  • Borough L in Dark Grey:£120.00 / ¥26,000(税別)

Metro LとBorough Lは同じ価格になるようです。Metro Lの定価はSバッグよりも高くなりました。

大型バッグとしては私が愛用しているSバッグは1泊2日には問題ないのですが2泊を越えると容量不足なので(カメラやノートパソコンを持たない場合は2泊でも問題ないと思いますが)、Borough Lは購入予定です。Sバッグ+別途リュックなどよりも1つのバッグで済んだほうがラクです(行動用の小さいリュックは中に入れます)。

関連記事:

ブロンプトンという自転車は罪つくりである。専用フロントキャリアブロックとバッグフレームという利権を振り回し、純真無垢なミニベロ愛好家の我々に...
この記事を書いた人