「ペダルの外し方、これが私の覚え方」。 いろんな「俺流」を共有します

最近、自転車のペダルの外し方についての記事を書きました。

自転車のペダルを外す時、あるいは取り付ける時。あれ、どっちがどうだっけ?と思われる方は多いのではないでしょうか。この...

すると「ペダルの外し方、私はこんなふうに覚えてます!」という様々なご意見が寄せられ、それがどれも面白かったのでまとめて共有したいと思います。

外す時は後ろへ、付ける時は前へ

ペダルの左右を考えるのではなく、外すのならとにかく後方へ、付けるのならとにかく前方へ回す、という覚え方がいくつか寄せられました。これは便利ですね!

作業と結びついた知識

作業に直結する覚え方も参考になります。レンチを固定して「前に踏む」。するとネジはペダルが外れる方向に動く、というわけですね。

記憶術

オリジナルウェアにデザインを入れておくという素敵なアイデアも。いいですね!

BSA/JIS BBは逆!!

ところでBSA/JISのBBだとペダルと違って右ワンが逆ネジです。これはクランクの回転方向と関係があるようなのですが、とってもややこしいですね。

ちなみに最近ではピナレロのネジ切りBBで採用されているイタリアン(ITA)規格は右も左も正ネジです。

物理法則の理解から

ちょっと上級編(?)のこんな覚え方も。

GlennGouldさんこの投稿については、「機械的歳差」に関するWikipediaの以下のページ(残念ながら英語版のみ)と、下に紹介するGIF動画が関係がありそうです(氏によるこの現象の解説… 読みたい!)

参考 Precession (mechanical) – Wikipedia

上の図の青い四角い箱は進行方向(右とします)に向かって回転していますが、緑色の矢印の力(トルク)は逆方向に働いています。大変ややこしいことになっています。

直感的に「こうじゃないか」と思うことと逆の現象が起きている感じなので、それもあって「ペダルはどっちに回すとどうなんだっけ?」という混乱が起きるのかなという気もします。

この記事を書いた人