月曜朝の憂鬱を解消する画期的な方法

月曜日の朝は多くの人にとって憂鬱なものですが、この憂鬱を解消する画期的な方法を思いつきました。

都市圏の場合、その原因の最たるものは満員電車でしょう。30分から1時間ものあいだ身体の自由を奪われひたすら耐えなくてはなりません。これがあるだけで出社拒否症にもなろうというものです。1日の体力と気力がこの電車内で失われると言っても過言ではなく、脳も活性化しません。

月曜朝の憂鬱を解消する画期的な方法

そこで自転車の出番です。そう、自転車通勤すれば良いのです。脳がいい感じにバチバチと活性化します。

月曜朝の憂鬱を解消する画期的な方法

距離にもよりますが片道30km以内なら現実的であり頑張れば40kmでもなんとかなるでしょう。早起きが必要にはなりますが、これなら会社に行ってもいい、という前向きな気持ちになります。

さらに良いのは交通量の多い幹線道路を避け、近くにサイクリングロードが並行しているような区間はそのCR経由で自転車通勤をすることです。これが可能ならその日のメインアクティビティはほぼサイクリングであり、その後の仕事はついでにやっておく、くらいの気持ちになれます。

月曜朝の憂鬱を解消する画期的な方法

そして究極の憂鬱解消法がこれです。サイクリングロード経由で自転車通勤、からの欠勤です。途中で会社に行くのをやめてしまいます。その日はサイクリングの日に変更します。

月曜朝の憂鬱を解消する画期的な方法

1日会社に行かなかったくらいでクビになりません。本当に迷惑を被る人もいません。誰も死にません。世の中は普通に回ります。

ただし連絡はきちんと入れましょう。

すみませんボス、ちょっと風邪気味なので…

なんかクルマの音が聞こえたんだが?

いえ、テレビの音だと思います

もし満員電車に乗らざるをえない場合はハンズフリーで本でも聞きましょう。

■耳で聴く本・Audibleが無料体験キャンペーンを実施中です。現在のベストセラーNo.1はユヴァル・ノア・ハラリ著の文明論「サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福」。

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福
Audible Studios
売り上げランキング: 1

国家、貨幣、企業……虚構が他人との協力を可能にし、文明をもたらした! ではその文明は人類を幸福にしたのだろうか? 現代世界を鋭くえぐる、50カ国以上で刊行の世界的ベストセラー