よみもの

細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。【もはやトンデモ】

初めまして、桜内梨k…すみません、すみません!! CBN Blog 駄文担当、nadokazuです。

このところ「Road Grand Tours」で遊びまくりながら、スクリーンショットを撮りまくっているのですが、日に日にこんな疑念を感じることが多くなっています。

それは「Road Grand Tours」の中の人の、アバターの作り込みに対するコダワリが尋常じゃ無い…ということ。

それは「すごい」というレベルを軽々と追い越して、もはや「トンデモ」な領域にまで達してしまっているのではないか、というレベルです。

関連記事: Road Grand Toursとは?

バージョンアップした「Road Grand Tours」は、ZWIFTのライバルになれるかな?
「誰だ! お前はっ!?」「地獄からの使者! スパイダーマtt…」すみません! すみません!! CBN Blogに毎度毎度しょーむない駄文を垂れ流す男、nadokazuです。 「ZWIFT」という最大最強絶対無敵の強豪プレーヤーが存在す...

キャプチャーを撮りながら一人で興奮しているのはあまりにも寂しいので、そんな細かすぎて誰にも伝わってないであろう、トンデモな作り込みをサクッとご紹介します。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

拡大表示も余裕!チェーンの1コマまで再現。

以前の記事でも書きましたが、もう一回ご紹介させてください。自分が「この3DCGモデルの作り込みは、頭がおかしくないか?(褒めています)」と、最初に感じたのはこのチェーンを見たときでした。

まずは動画を御覧ください。

Insane Details in Road Grand Tours Avatar / 細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。【もはやトンデモ】

チェーンの1コマまでが判別できてしまう、3DCGモデルの作り込み。これ、普通に異常ですよね?

▼あまりにも細かすぎるチェーン。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

そもそもチェーンなんて、走っている時は高速運動する部分。手を抜いてしまおうと思えば、いくらだって手が抜けるところのはず。というか、こういう部分ってデータ量少なくなるように作って、CPUやGPUの負荷を減らすようにするものじゃないんですか??

それなのに!なんですか、このメーカーさんからCADデータもらって作ってるんじゃないの? と、思えてしまうような凝り方。しかも動かすためには、ドえらく細かな設定とかが必要になるはずですよね?(ご搭乗のお客様に、3DCGにお詳しい方はいらっしゃいませんかー!!)

いいんでしょうか、こんな部分にこれだけの手間暇かけちゃって…?

ドロップハンドルは、いろいろな握り方ができます。それはわかりますが。

リアリティを追求しすぎている、Road Grand Toursの3DCG。そのコダワリはアバターの指先ですら、見逃すことを許しません。

たとえば、ヒルクライム時のアバターの状態を見てみましょう。すべての指を使い、グイっとハンドルを握りしめています。

▼ブラケットとハンドルを握りしめる。ちなみに拡大すると、巻かれているバーテープが判別可能です。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

まぁ、これはわかります。どちらかと言えば、ここはむしろ上半身が巨大化した感じになっている、カメラワークのほうにツッコミを入れるべきところでしょう。

さてさて、地獄のヒルクライムが終わって、溜めまくった位置エネルギーを解放するときがやってきました。下り坂を楽しむ時間です!そんなダウンヒルのポジションでは、アバターは下ハンを握るようになり、人差し指をブレーキレバーに引っかけた表現に変更されます。

なるほど。素晴らしいコダワリです。ブレーキ機能のないトレーナーで、それが必要なのかどうかはさておき。

▼下ハンで指を引っかける。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

そしてそして、ヒルクライムのキャプチャーを撮っているときに、たまにアバターの手元が微妙に動いていることに気付きました。

これは一体なんだろう…? と、じっと観察を続けていると、わかってしまいました。

Road Grand Toursのアバター、斜度がキツくなったら、いちいちシフトダウンしてます!

…いや、普通に考えたら、動作としては当たり前。おかしな部分なんて、皆無です。

なんですが、誰・も・見・て・な・い・だ・ろ・こんなの!! 

▼全力シフトダウン。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

そもそも、アバターがクイクイっとシフトダウンする動きをするのに、いったい何の意味があるのでしょう…? しかも、後方からの視点だと、そんな動きをしているなんて、かなり注意深く観察してもわかりません。このキャプチャーだって、撮るのにえらく苦労しました。

こんな一瞬の動きために、どれだけの処理を中の人たちが行ったのか。無駄すぎて泣けるほど素晴らしいぞ!Road Grand Tours!!

再現度が高すぎるサイクルコンピュータ。

RGTのアバターが乗っている自転車には、Wahooのサイクルコンピュータが装着されています。…って「サイコンが、メーカー名までわかってしまう状態で再現されている」というのが、そもそも普通じゃない気がするのですが、かなり精緻に作られている感じだったので拡大してみました。

いや、もうどんなことがあっても、驚いたりしませんけどね。

えええええええええ!!!!

ちゃんとスピードや時刻や走行距離が、サイコンに表示されてるよ!!!!!!

▼目を疑ったサイコンの再現性。

【小ネタ】細かすぎて伝わらない、Road Grand Toursの作り込み。

動画で撮ってないので、動いているかどうかまでは不明なのですが、パッと見かなりリアルな数値になっているように感じます。まさか…アバターの速度とかちゃんと反映させたりしてないですよね?

というわけで、誰も気付かないであろうサイコンの数字なんていう部分まで、解像度の限りを尽くして再現しようとする「Road Grand Tours」。もう大好きです。

あわせて読みたい:

GWに家で楽しむ無料サービス4選【ステイホーム週間】
東京都では4月25日から5月6日までの12日間、「ステイホーム週間」となっています。東京都以外でも基本的には外出自粛。 というわけでこの連休中に家で、お金を使わずにお試しできるサービスをいくつか紹介します。 Road Grand...
著者

美味しくご飯を食べることをモチベーションにペダルを回し、機材の性能に頼り切って「頑張らないことを頑張る」物欲系へっぽこ自転車乗り。リアルで自転車に乗れない週末にはZWIFTで合計100km以上のバーチャルライドを欠かさないものの、脚力や走行スキルについての言及は意図的に避けている模様。愛車はLOOK675、ブロンプトンCHPT3 V2、タイレルFX(これだけとは言ってない)。

などかずをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました