Amazon Music 新規4ヶ月間無料(6/22まで)
よみもの

Colnago C64 NFT : 72万円スタートで競売にかけられる「乗れないけど所有できる」自転車とは

コルナゴが新モデルC64 NFTを発表しました。このバイクは世界のただ1つしかない1点物、ワンオフです。しかしコルナゴはこれをデザインしましたが、製造はしていません。この自転車は実際に乗ることはできません。そして5月11日から、約72万円スタートで競売にかけられます。一体この自転車は何でしょうか?

Colnago C64 NFT

© Colnago

公式 NFT | Colnago – The Best Bikes in the World

正体は非代替性トークンというデジタルデータ

このC64 NFT、正体はモデル名の「NFT」から察せられるように、最近話題になりつつある”Non-Fungible Token”(非代替性トークン)です。仮想通貨などと同様、ブロックチェーン上に存在するデジタルデータです。誰もがこのバイクの3D映像をいつでも自由に見ることはできますが、「所有者」になれるのはただ1人のみ。

今回オークションにかけられるのはその「所有権」ということになります。

新しい概念なのでなかなか理解しにくいところがありますが、たとえばオンラインゲームなどで「自分しか持っていない武器や限定アイテム」を手に入れるようなもの、と考えるとわかりやすいかもしれません。Zwiftで他の誰も使うことができないデザインのバイクやジャージを着用する感じにも似ています(C64 NFTは乗れないけど)。

別の言い方をするとブロックチェーン上に存在するデジタルのトレーディングカード(遊戯王やポケモンカードやマジック・ザ・ギャザリング等)のようなものでしょうか。誰でも見られる、でも所有者は自分。誰でも所有できるわけではないので、そこに価値が発生し、売買の対象にもなるわけですね。

さてこのC64 NFT、このページから入札できます。最小入札価格は$7,606.85で、現在のレートでは日本円で¥827,591です。

デザイナーは日本人?

ところでC64 NFTを眺めていたら面白いことに気付きました。チェーンステーをご覧下さい。MOTOKI YOSHIOと書かれています。

Colnago C64 NFT

© Colnago

MOTOKI氏はミラノ在住のデザイナーで、イタリアのデザイン・アワード「コンパッソ・ドーロ」の審査員を務められている有名な方だそうです。

海外サイクリストのC64 NFTについての感想を眺めていると「エイプリルフールはもうとっくに過ぎたぞ」とか「全くもってバカバカしい」といった内容が散見されますが、こういう面白いことを最初にやるのはいかにもコルナゴらしい感じはします(そういえばカンパニョーロとの合同エイプリルフール企画も面白いかったな 笑)。

カンパニョーロがフロントディスクブレーキを二重化するSmartDisc Technologyを発表 今年のツール・ド・フランスで実戦投入へ
Campagnoloが驚きの新機構を発表しました。フロントディスクブレーキを二重化するための「SmartDisc Technology」というシステムです。 公式 Introducing Smart Disc Technolo...

ちなみにコルナゴの現在の筆頭株主はアブダビの投資会社。UAE Team Emirates絡みで縁があったのかもしれませんが、NFTのロードバイクを発表するとは何ともお金持ちっぽい発想ですよね。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました