CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

さむいさむい冬の午後。四時半には、日もくれてしまいます。それでもちょっとだけ自転車にのりたい。よし、ポタリングしよう。ゆるポタしよう。

というわけで、CATEYEの最新サイコン「QUICK」をとりつけたシティサイクルで、近所徘徊にでかけてみました。これが「QUICK」。かわいいでしょう? レトロなかんじで、戦闘的なところがありません。ある意味、自転車をえらびます。にあわない車体も、あるかもしれません。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

とはいえほとんどのクロスバイクや、ほそいフレームの自転車、シティサイクルにはあうでしょう。横からみると、こんなかんじ。特徴はなんといっても、アウントフロントブラケットが同梱しているところ。オーバーサイズハンドルにも、25〜26mmのほそいハンドルにも対応。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

下からみたところ。なんかのんびりしたみためです。時速14km/hあたりがにあいそうな、のんびりサイコン。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

紅葉のみおさめなどしながら、のんびりはしるのにぴったりです。いや〜、でも最近めっちゃさむいですね。のんびりポタリングでは、身体があたたまりません。こんなにさむいときは、ほんとうは高強度サイクリングのほうがいいんだろうけど、この日はゆるポタをしたかったんだ…

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

本体は、ブラケットからかんたんにはずせます。盗難防止とか、輪行時に便利ですね。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

ブラケット側にプラスチックのレバーがあって、それをおすと、本体がかんたんにもちあがります。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

もどすときは、上からパカッとはめるだけ。STRADA系のマウントより着脱は、ぜんぜんラクです。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

反転液晶といって、表示はずっとこの黒背景にグレーっぽい数字なのですが、これがおもいのほか、みやすいです。夜はみえないでしょう。夜につかうサイコンではありません。バックライト、もちろんありません。シンプルさを追求した、断捨離サイコンなのであります。

STRADAなどとちがって、2台のバイクの設定はありません。DST 2もありません。それ以外は、ほぼおなじかな。この機能のしぼりかたがいいです。動作停止後1時間たつと、スリープするんですが、それ以外はオートスタート。10分経過で節電モードにはいりますが、のりだすとすぐにうごきます。

CATEYE QUICK ゆるポタのためにつくられたかのような、シンプルな断捨離サイコン

欠点らしい欠点といえば、スピードセンサーがあいかわらずおおきいところ。STRADAのものとおなじ。これだけ残念。

本体がこんなにシンプルなので、理想的にはGPS計測でセンサーレス…といきたいところだけど、すると充電式になるし、複雑なガジェットになってしまうから、そうもいかないか。でもセンサーちいさくしてほしいよね。

電池は、1日1時間つかった場合で、1年間もつんだって。それ、それがいい。のるたびにサイコンの電池だいじょうぶかな、とかかんがえない自転車でつかう。

ほんとうはサイコンなんかなくてもいい自転車にのったけど、速度や距離をたまに確認できたらたのしいのになぁ…などとおもうことがあれば、このサイコンはたぶんぴったりだとおもいます。

この記事を書いた人