ウルトラスポーツのホイール用リフレクターシールは軽量でお手軽

リフレクターのレビュー記事です。商品名は 【Amazon限定ブランド】ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール 16枚となっています。amazon限定ブランド…?

ホイールにつけられるリフレクターとしては最近、Salzmannのスポークリフレクターをご紹介したばかり。

Salzmann(ザルツマン)のスポークリフレクターを使ってみたのでご紹介します。スポークにパチン、パチンとはめこんで簡単に使えるリフレクタ...

Salzmann(ザルツマン)はスポークにパチンパチンとハメていくタイプですが、今回紹介するウルトラスポーツの製品はリムに貼るシールです。

3Mスコッチライト反射素材を使用。色は黄色

Salzmannもドイツ語圏(発祥?)の会社でしたが、このウルトラスポーツもパッケージはドイツ語です。REFLEKTOR FELGENRANDAUFKLEBER 16ER SET…

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

なんて読むんだよw レフレクトール・フェルゲンランダウフクレーバー・ゼヒツェーナー・ゼット? 舌噛みそうです。

というか何故これが「amazon限定ブランド」なのか意味不明です(日本ではamazonでしか変えないという意味でしょうか)。調べてみると外国でも普通に売られています。16枚入り680円。安いんじゃないでしょうか。

1枚0.5g以下。1ホイール8枚でも約4g

細長いリフレクターシール8枚が貼られたシートが2枚入っています。この8枚のシート1枚が台紙込みで4gで、台紙は1g以下で計測不能です。つまりホイール1本に8枚のシールを貼った場合でも、合計4g以上にはなりません。

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

Salzmannのスポークリフレクターは8本で約12.4gです。このウルトラスポーツのリフレクターシールの大きい特徴として、まず「軽い」ということが言えます。

部屋の中を暗くしてフラッシュで撮影するとこんな感じです。

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

ホイールへの貼り付けと実走

早速リム面にこのシールを貼ってみます。1枚の長さはちょうど10cm。ホイールの片面に4枚、もう片面に4枚、合計8枚というのはちょうどいい感じだと思います。16枚セットなのでホイール2本分。

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

外での様子です。真っ暗なところでフラッシュを焚いて撮ってみました。

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

視認性は悪くないと思います。真っ暗なところでクルマのヘッドライトに照らされると上のように見えることになります。

シールならではのメリット

このウルトラスポーツのリフレクターシール、まとめるとザルツマンにはないメリットがあります。まずとにかく軽量。そしてザルツマンのようにスポークを選ばないところは大きいメリットです。エアロスポークなのでザルツマンは諦めた、という方でも使えます。

視認性についてはザルツマンに若干劣るような印象はあります。十分明るいのですが、クルマからするとザルツマンのスポークリフレクターのほうが視界に入るとビックリする効果は大きいような気がしないでもありません。

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

ザルツマンの白く光るスポークリフレクター、結構目立つんですよね。併用すれば完璧ですが…

ウルトラスポーツ 自転車ホイール用 リフレクター 反射シール

デメリット的には、この黄色いシールの存在感が半端ないので日中この外観を許容できない人がいるかもしれないことです。あとはシールなので頻繁に剥がしたりはできなさそうなところです。

とはいえ値段も高くないので、夜通しで走るブルベ・ロングライドやキャノンボールのようなファストラン・イベントで天候が非常に悪い時など、ここぞという時に投入してみるのも十分にありではないかと思います。

Salzmannのスポークリフレクターについては下の関連記事をどうぞ。

Salzmann(ザルツマン)のスポークリフレクターを使ってみたのでご紹介します。スポークにパチン、パチンとはめこんで簡単に使えるリフレクタ...