Amazonで新生活SALE開催中!
よみもの

【地震対策】室内の自転車保管・ツールラック類の配置を見直そう

3月16日深夜の地震で、東京都心の筆者住居も激しい揺れに見舞われました。揺れは2段構えで、初回は「あー、地震か。せっかく花粉症の鼻水が止まって寝れそうだったのに…大したことないな、はい寝る」。すぐに続いた2回目は「大きいうねりだな。長い。だんだん強くなってくる。この波長… 完全に3.11タイプ!」

林道

この日、昼間はオフロードライド。在宅時に起きてくれたのがまだ救い

東日本大震災の時ほどではなかったものの、物が落ちないようやることが結構ありました。都心は震度4だったらしいのですが、体感的には5弱と言って良いのではないかと思いました。あれが強度をさらに増しつつ3倍の時間続いたのが東日本大震災。皆さんの地域は大丈夫でしたか。

倒壊時をイメージして配置する

筆者の自転車部屋には突っ張り式のラックが複数あり、頻繁に使うツールや交換用パーツを引っ掛けています。大きめの地震があるたびにポールのゆるみがないかチェックし、増し締めしているのですが、今回の地震ではじめて1台の片側が完全に外れ、見に行くとモノがガラガラ降っている最中でした。3.11以降では最大規模の揺れです。

突っ張りポール式のラック

上の写真のポールエンドは、もともと壁の奥に寄せられていました。もう片側はガコンと外れてドアのように開いてしまい、手前に縦置きしてあった自転車に向けて半倒壊。

突っ張りポールを使用するラックは上に重いものを引っ掛けずに、定期的にチェックすれば特に危険はないと思いますが、倒壊した時のことをイメージしてセットアップしたほうが良いでしょう。

重いバイクは下に

私がここ数年使っている室内用バイクスタンドはiWAのA01Vという自立式・縦置きのモデルで、台数分置いています。ポール式に比べるとフットプリントはやや取るのですが、レッグに十分な長さがあるので倒れる可能性はまずないと思います。これが横出しになるような地震なら、もはや自転車どうこうという生活にはなっていないでしょう。

iWA A01V

ポール式のラックも、ミノウラやトピークの製品を使っていたことがあります。上下に2台かけるタイプ。あれも日頃のチェックさえ怠らなければ特に危険ではないと思いますが、重いバイクは下段にかけるなど工夫したほうが良いでしょう。

これから新調される方は、万全を期すのであれば自立式のほうがベターかなとは思います。

著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました