こういう距離感、イヤだよね!クルマと自転車の距離を人対人で再現してみると…

おもしろい動画がTwitterに流れていたのでご紹介。「他人にこんなふうに近付かれたくなかったら、クルマの運転中もこんなことはやめよう。自転車の人に十分なスペースをあげよう!」とツイート主。

たとえ話としてなかなかわかりやすいと思います。人間対人間ではこういう距離感はありえない、というか、失礼なことであるのは明白なのに、クルマ対自転車ではあたりまえのことになっているのが不思議です。

ところで上の動画の最後のほうで、カリフォルニアの州法では追い抜きの際、少なくとも3フィートのスペースをあけることが義務付けられています、というナレーションが流れます。

1フィートは0.3048m、3フィートは0.9144mです。えっ1mないのか! もうちょっとあけてほしいですねー。日本では1.5mあけましょう、という運動がありましたし、イギリスでは追い抜き時にはクルマ1台分あけること、という規定があります。フランスでは都市部で1m、それ以外では1.5mの距離をあける必要があります。

この1.5mというのはよく見かける数字です。最低でも1.5mの車間距離は維持してほしいものですね。理想的にはもちろんクルマ1台分。