自転車をダンボール箱に入れて海外発送する時の「おまじない」が効くと話題に

3年ほど前の古い話題なのですが、最近また欧米のネットで話題になっていました。オランダのVanMoofという自転車メーカーがダンボール箱で完成車を発送するとかなり多くの自転車が輸送中に傷ついてしまいほとほと困っていたのだそうです。

しかしこのメーカー、とある簡単な工夫をすることで破損率をなんと7-80%も減らすことができたとのこと。

何をやったかというと上の画像のように自転車が入ったダンボール箱にテレビのシルエットをプリントするというもの。なるほどこれならいくら乱暴に箱をぶんなげる空港職員でも気を使ってくれそうです。

Independent誌によるとVanMoof社は特にアメリカ合衆国向けの自転車が壊れることが多く困っていたそうです。その結果ブルックリンにある店舗は補修済みの自転車で溢れかえり、ディスカウント価格で売らざるをえないハメに。

本当にテレビの箱っぽく仕上げるには若干手間がかかりそうですが、海外に自転車をダンボール箱に入れて発送する予定がある方は一度試してみてはどうでしょうか。Fragileシールよりも断然効果がありそうです。印刷するよりテレビのイラストの巨大なシールを貼るほうが簡単かもしれませんね。

自転車海外通販各社、完成車やホイールの箱にこのテレビの絵をプリントしてくれたらありがたいですよね。中身の誤認があると面倒なことになるからやらないのでしょうか。上の画像のテレビの中にはさりげなく中身が自転車であることをほのめかすメッセージが書かれています。

We like bikes and we like you and the rest of the world to ride bikes and like them too

私達は自転車が好きであり、あなたと世界中の人々に自転車に乗ってもらって自転車を好きになってもらいたいのです

だから大事に扱ってね、ということですね。

シンプルかつストレートで心に響くメッセージだと思いました。空港職員はたぶんテレビのイラストしか見てないでしょうけど。