Amazon Music Unlimited 30日間無料お試し
よみもの

SRAMがTIMEのペダル部門を買収 パワーメーターペダルへの布石か?

SRAMがTIMEのペダル部門を買収したそうです。Bikerumor等海外メディアが伝えています。

出典 SRAM buys TIME, adds road & mountain bike pedals to their line-up with new acquisition – Bikerumor

ブランド名は維持・Quarqとの協業に注目

ソース元記事を要約すると次のような内容となっています。

  • SRAMはロシニョールグループからTIMEを買収し、そのポートフォリオに加えた
  • TIMEのペダルは今年後半、SRAMファミリーに公式に加わることになる
  • TIMEは伝説的なブランドであり、ペダルストロークを通じてエルゴノミクスにフォーカスした最初のブランドだ。我々はTIMEの歴史と遺産を保持し、彼らのイノベーションと品質の遺産を受け継いでいく。とSRAM社長のKen Lousberg氏は語った
  • この買収により、SRAMはフレーム以外の大部分のコンポーネントを提供できるようになる
  • 興味深いのは、SRAMのカタログにはサドルがまだないことだ。どのサドルメーカーが飲み込まれることになろうだろうか?
  • SRAMは過去数年にわたる戦略的な買収を通じて今日の巨大な企業となった
  • 驚くことではないが、SRAMによるTIMEの買収はペダルに限定される(興味深いことにTIMEのシューズに関する知的財産権も買収に含まれてはいるが、当面TIMEシューズをどうするのかは定まっていないようだ)
  • 昨年、TIMEのペダルとバイク部門はフランスのE-BIKEスタートアップWhaTTfornowに買収されていたが、SRAMは「ロードとMTBのペダルとクリートの全レンジ、それに関する全てのTIME Sportの特許をロシニョールグループから買収した」と語っている
  • 2021年中頃から、SRAMは既存のTIMEペダルユーザー向けにスペアパーツとクリートを販売する業務を引き継ぐ
  • 将来的にSRAMはTIMEペダルのブランド名を維持したまま、そのペダル製品をポートフォリオに組み込む予定だという
  • TIMEペダルがSRAMの製品ファミリーとクロスオーバーする可能性はあるだろう。Quarqとの共同開発によるパワーメーターペダルがその最初のものになるだろうか?

TIMEは元記事中にあるようにWhaTTfornowに買収されたと言われていますが、SRAMがペダル部門についてロシニョールから買収したという発表を見ると、どうも最終的に契約がうまく行かなかったのではないかと想像してしまいますね。

いずれにしてもSRAMが買収したのはペダル(とシューズ)のみであり、車体には手を出さなかったようです。

SRAMはこれまでにAvidのディスクブレーキ、RockShoxのサスペンション、 Zippのホイールとコクピットまわり、 TruvativのMTBパーツ、Quarqのパワーメーターなどを買収を通じて手に入れています。ここにTIMEのペダルが加わるわけですが、残るのは本当にサドルくらいですね。

自社の製品ポートフォリオがこれだけ充実すると完成車市場でかなり有利になります。バイクブランドとSRAMコンポとの抱き合せを含めた契約を進めやすくなるでしょうし、その意味ではシマノにとって脅威ではないでしょうか。

海外の反応

ソース記事の読者の反応をいくつか紹介します。

  • ある偉大なブランドの死だ。TIMEよ安らかに眠れ
  • TIMEは最高のロードペダル・インターフェースを作った。TIMEの唯一の問題はベアリングとブッシングのデザインで、保守性がSPD-SLより少し劣るところだ
  • これはATACペダルのファンにとっては本当にグレートなニュースだ!
  • TIMEクオリティよ、安らかに眠れ。この買収は企業としてのSRAMを改善するだろうが、TIME製品の品質は確実に悪化するだろう。SRAMはTIMEを破滅させるだろう。私が間違っていると良いのだが
  • TIMEにとって素晴らしいニュースだよ。ロシニョールはTIMEブランドをダメにしていたからね。フレームやペダルにほとんど投資してこなかった

SRAMによる買収を嘆く声、歓迎する声、両方聞かれますが、これまでに聞いた話ではロシニョールがTIMEブランドをないがしろにしてきたのは間違いないので、SRAMによってブランドの威光が復活することを期待したいところです。

勿論、SRAMは買収したPowerTapを最近になって製品ポートフォリオから外してしまいました。TIMEもそのような扱いを受けてしまうのでしょうか。

PowerTapが20年の歴史に終止符 SRAMは次世代パワーメーターの開発へ
今月の始め、SRAMが自社サイトからPowerTap製品情報を削除していました。これにより約20年に及ぶパワーメーターの老舗ブランドが終焉を迎えることになりました。VeloNewsが伝えています。 出典 SRAM quietl...

しかし上の記事で、SRAMの広報担当者が「(PowerTapブランドを終了するかわりに)今後は次世代パワーメーターテクノロジーのさらなる開発に集中することにした」とも語っており、PowerTap P2ペダルの後継製品のベースとしてTIMEのプラットフォームを採用する可能性もありそうです。

なお1年前の2020年3月に「TIMEの昨年の売上は約半分にまで減少、カーボンフレーム製造からの撤退も視野に」という記事を書きました。

TIMEの昨年の売上は約半分にまで減少、カーボンフレーム製造からの撤退も視野に
2016年、TIME社の創設者ロラン・カッタン氏の死去から数ヶ月後に同社を買収したロシニョール・グループがTIMEのカーボンフレーム事業からの撤退を含めた事業見直しを考えている、というやや心配なニュースが流れています。 出典 Ross...

同年6月には「ロシニョールがTIMEの全事業をフランスのE-BIKEスタートアップに売却」という記事を書きました。関連記事としてご興味のある方は是非どうぞ。

ロシニョールがTIMEの全事業をフランスのE-BIKEスタートアップに売却
そのカーボンフレームでロードバイクの世界を牽引・席巻してきたフランスの老舗TIME。同社が2016年にロシニョールに売却されて以来、販売成績が奮わずブランドが危機にさらされていることは今年の3月にお伝えしました。 関連 TIMEの昨年...
著者
マスター

2007年開設の自転車レビューサイトCBNのウェブマスターとして累計22,000件のユーザー投稿に目を通す。CBN Blogの企画立案・編集・校正を担当するかたわら日々のニュース・製品レビュー・エディトリアル記事を執筆。シングルスピード・グラベルロード・ブロンプトン・エアロロード・クロモリロードに乗る雑食系自転車乗り。

マスターをフォローする
CBN Blog
タイトルとURLをコピーしました